名盤紹介/ドゥービー・ストリート

Posted by webmaster On 10月 - 12 - 2011 コメントは受け付けていません。

 

新着情報

Takin It to the Streets /Doobie Brothers
ドゥービー・ストリート /ザ・ドゥービー・ブラザーズ

ドゥービー・ストリート-(紙ジャケSHM-CD)

前期と後期はまったく別のバンド、と評する向きもあるドゥービー・ブラザース。この作品は、ちょうどその端境期にあたる1976年に発表されたアルバムだ。
 
発売する年の1月に、彼らの初来日ライブを大阪厚生年金会館で見た。
 
屋内で花火を打ち上げるド迫力の演出(消防所からクレームを受け2日目は中止したはず)や、ジェフ・バクスターが、しきりに西條秀樹のYMCAの振りを真似ていたことを、今でも鮮明に覚えている。
 
「あの人誰やろ?」
体調不良でツアーをキャンセルしたトム・ジョンストンの代役として、ステージの端のほうで目立たなく歌っていたピアニストが、その後のドゥービーのサウンドを劇的に変えたマイケル・マクドナルドだったわけだ。
 
このアルバム、M.マクドナルドの洗練されたソング・ライティングとアレンジ、そしてブルー・アイド・ソウル的な独特のボーカルにより、軽快でシンプルな音が売りだったサンフランシスコのギターバンドが、ジャズやR&B色の濃い都会的なサウンドへと大きく化学変化を起こした、まさにエポック・メイキングな1枚。
 
コアなファンの中では賛否両論が渦巻いたが、このアルバムのヒットが、翌77年の「運命の掟」や、グラミー賞を獲得したホワット・ア・フール・ビリーヴスが収録されてる78年の「ミニット・バイ・ミニット」というAOR路線への方向転換に拍車をかけた。
 
アルバムのタイトルになったTakin’ It To The Streetsは、それまでのドゥービーにはなかったゴスペルタッチのエモーショナルなナンバーだが、、ドゥービー時代~ソロ転向後を通して、彼が書く曲の中でも異色のナンバーではないだろうか。
初めて聴いたとき「かっこええなぁ~」と衝撃を受け、すっかりM.マクドナルドの大ファンになった。
 

 
御大クインシー・ジョーンズがこの曲に目をつけ、「スタッフ・ライク・ザット」というアルバムでカバー。
ボーカルにルーサ・ヴァンドルスとグエン・ガスリーを起用し、M.ブレッカーのテナーをフィーチャー、リズム・セクションを
S.ガッド(ds)、A.ジャクソン(b)、Rティー(p)の最強布陣で固めたサウンドは強烈。
後半、倍テンポに変わるところの躍動感は半端じゃなく、ブラックミュージックとはこう表現するんだ、という手本のようなサウンドに仕上げている。
 
最近では(といっても2002年だが)コーラス・グループTAKE 6が、Sワンダー、Dフェイゲン、Dハサウェイなどのナンバーを取り上げたカヴァーアルバム「ビューティフル・ワールド」でも歌った。
アレンジは職人マーカス・ミラー。こちらは黒っぽさとはほど遠い、洗練されたお洒落なサウンドだが、違った意味で、小気味のいいサウンドだ。
 
ドゥービーの原曲と、この2つのカバーを聴き比べてみるのも面白い。

メンバー募集bbs

メン募検索

最新書き込み

最新のライブインフォメーション

3/18 大江戸ビートルズ祭り
ビートルズの曲を演奏するバンドを集めてライブを企画しています。ビートルズ好きの方にぜひ名乗りを上げてください!

第一興商 第13回おやじバンドフェス開催!

グランプリ賞金10万円!
第13回おやじバンドフェスティバル開催決定!!
さっそくエントリーしよう!

パスワードの再発行について

お知らせ 
パスワードを忘れた場合にご利用いただく「パスワード再発行」で、再発行された仮パスワードでログインできない場合があります。

R&Rハート REDsun

土REDsunさんからライブムービーが届きました!
皆さんのバンドムービーを募集しています!
►動画の投稿はコチラ!

Rollin’ and Tumblin’ cover 土偶崇拝
►動画コーナーはこちら!




ジャズライブハウス・ミスターケリーズ

おやじバンド向上委員会

Copyright © Oyaji Band Koujou Iinkai. All Rights Reserved.

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes